近年、中年層から若年層へと薄毛問題は拡大しています。それは食生活や生活習慣の乱れが大きく関係しています。薄毛予防を始めている方やこれから始めようと考えている方は、まず食生活の見直しを行ってみてください。

薄毛予防前に食生活の改善

薄毛予防に大切な栄養と生活について

薄毛予防に大切なのは、食事と生活習慣です。
まず、食事については、栄養が偏った食事などを行うことによって、薄毛を進行させてしまう原因となってしまいます。
また、薄毛予防で効果的な栄養として、大豆に含まれている男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑制してくれるイソフラボン、不足すると抜け毛などの原因となるアーモンドなどに含まれるアーモンド、細胞の代謝を促進させて、毛母細胞の細胞分裂を活性化させてくれるピーナッツやレバーなどに含まれるビタミンB群、毛乳頭に栄養を届きやすくすることができる緑黄色野菜などに含まれるビタミンE、コラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にしてくれるビタミンCなどがあります。
薄毛予防に大切な生活は、一番大切なこととして、まず、頭皮のマッサージなどで血行を良くし、地肌を清潔に保つことが必要です。
他に生活のうえで大切なことは、睡眠です。髪の毛が成長する時間帯は午後の10時から午前2時の間なので、この時間にしっかりと睡眠をとることで、新しい細胞を生み出しているこの時間帯にしっかりと睡眠をとることが必要です。
生活の中で、ストレスも薄毛予防には妨げになります。ストレスを受けることで、自律神経のバランスが崩れ、自律神経のバランスが崩れることで、交感神経ばかりが働いてしまい、血流が悪くなることで、薄毛を進行させてしまう原因となります。
過度なダイエットは、髪に必要な栄養を摂取できなくなるとともに、ストレスを引き起こしてしまうので、髪にとってとてもよくない状況になります。
タバコに含まれているニコチンも血管を収縮させてしまう働きがあるため、血行の流れが悪くなることで、薄毛につながることになります。
生活と栄養を改善することによって、薄毛予防につなげることができます。