近年、中年層から若年層へと薄毛問題は拡大しています。それは食生活や生活習慣の乱れが大きく関係しています。薄毛予防を始めている方やこれから始めようと考えている方は、まず食生活の見直しを行ってみてください。

薄毛予防前に食生活の改善

りんごで薄毛予防をし頭頂部を守ろう

りんごにはポリフェノールという成分が含まれています。よく耳にするこのポリフェノールですが、健康に良いとはされていても、実際にどの様な働きを持っているのでしょうか。
ポリフェノールにも様々な種類があり、その種類によって働きは効果は異なります。しかし共通の働きとして抗酸化作用の効果が挙げられます。抗酸化作用は活性化酸素の働きを抑えることで細胞の老化を防止したり、身体の内側の酸化を防いだりすることで、細胞の活性化を促します。そしてこの細胞の活性化が薄毛予防に効果があり、抜け毛の予防を期待し、頭頂部が薄くなることを防ぎます。
細胞が活発化された皮膚はシミやシワの改善だけでなく、皮脂バランスが良くなり乾燥肌も改善されます。頭皮は乾燥しているとバリア機能が低下し、雑菌やウィルスが侵入をしやすくし、菌が増殖しやすい環境になり、肌の状態が悪化することで抜け毛に繋がります。逆に皮脂の分泌が多すぎる脂性の肌の人も皮脂が毛穴に詰まり毛が抜けやすくなります。つまり脂性の肌でも乾燥した肌でも抜け毛はしやすいのです。そこでりんごを食べポリフェノールを摂取することで肌の状態が改善され、薄毛予防につながるのです。
季節の変わり目は乾燥しやすく、毛がいつも以上に抜けると感じる人もいるのではないでしょうか。特に男性でも女性でも頭頂部が薄くなるとショックを受けてしまいます。そうならないためにも薄毛予防としてりんごを食べると良いのですが、特にりんごの皮の近くにポリフェノールが多く含まれています。そのため食べるなら皮ごと食べると良いのですが、りんごは栽培する時には農薬を使います。そのため皮ごと食べる場合は低農薬か無農薬の物を選ぶか、しっかりと洗うことで安心して食べることができます。頭頂部の薄毛が気になる前にりんごを食べての薄毛予防を試してみてはいかがでしょうか。