薄毛予防前に食生活の改善

近年、中年層から若年層へと薄毛問題は拡大しています。それは食生活や生活習慣の乱れが大きく関係しています。薄毛予防を始めている方やこれから始めようと考えている方は、まず食生活の見直しを行ってみてください。

薄毛予防前に食生活の改善

食生活改善で薄毛予防は可能か?

薄毛予防には頭皮マッサージや育毛剤での使用など、体の外側からのケアのみが有効というわけではなく、食生活の改善といった体の内面からのケアも必要となります。
なぜなら健康的な髪を育てるためには、髪の原料となる栄養素が必ず必要となり、食生活の乱れが原因で薄毛が引き起こされていることも少なくないためです。
薄毛予防のために意識したいのが、たんぱく質を中心として五大栄養素をバランスよく摂るということです。
髪の毛は、皮膚と同じようにたんぱく質から作られている細胞です。
そのため原料そのものであるたんぱく質が不足していると健康的な新しい髪の毛が作られなくなり、薄毛が進行してしまう可能性が高くなります。
たんぱく質の推奨摂取量は体重1㎏につき1g程度ですので、毎日肉類や魚類などからたんぱく質をしっかり摂るように心がけましょう。
また、食事から摂取したたんぱく質は体内の新陳代謝という働きにより新しい細胞へと作り変えられるのですが、この新陳代謝の働きを正常に保つためにはたんぱく質の他にも炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルといった総合的に栄養が摂れていることが不可欠となります。
食事はなるべく多品目の食材を盛り込み、各種栄養素がバランスよく摂取できるようなメニューを心がけることが薄毛予防のためには大切です。
おにぎりや麺類だけなど単品メニューでは炭水化物や脂質のみが高くなり、ビタミンやミネラル類が不足してしまいますので、できるだけ単品は避けて、野菜や海藻類を多く取り入れたメニューを選ぶようにしましょう。
継続的にバランスよく栄養を摂ることで少しずつ健康的な髪が育ちますので、毎日の食事内容に気をつけて薄毛予防につなげましょう。

■薄毛予防にはこれ!
ツゲインで明るい未来
■薄毛には発毛効果のあるこの成分の薬がおすすめ
ミノキシジルを含む薬とは
■薄毛予防は食生活の改善と正しい治療薬の服用の二つが大切です
フィンペシアで短期間で治そう